わくら朝市から金沢湯涌江戸村へのアクセス [移動時間・運賃/石川県]

わくら朝市から金沢湯涌江戸村へは北鉄バス・JR七尾線を乗り継いで約3時間15分。

わくら朝市で賑わいを味わったあとは、ついでに金沢湯涌江戸村に行ってみるのもおすすめです。

  • 移動時間:約3時間15分
  • 運賃:2,210円~4,990円

わくら朝市の基本情報

  • 石川県
  • 朝市
  • 日曜日
  • 魚介類
  • 野菜
  • 漬物
名称

わくら朝市

概要

わくら朝市は和倉温泉総湯前で毎週日曜日の朝7時半ごろから開催されている朝市です。季節折々の新鮮な海産物・農産物などが並びます。

総湯のオープンの時間と同時にスタートしますので、総湯を訪れる観光客がすぐに食べられる手づくりの惣菜など加工品も並びます。

季節ごとに旬の食材がならび、冬場は紅ズワイガニ・タラ、夏場はサザエ・海藻など北陸石川の味覚を堪能することができます。

住所

石川県七尾市和倉町7部5-1和倉温泉総湯前 GoogleMap

販売商品

農産物/米、野菜、花、山菜、きのこ

農産物加工品/もち、おにぎり、惣菜、漬物、など

海産物/鮮魚、刺身、干物、サザエ、タラ、など

アクセス
営業時間

日曜日/7:00~13:00

定休日

年末年始

駐車場
  • 和倉温泉総湯駐車場(90台/無料)
  • 和倉温泉お祭り会館駐車場(89台/無料)
連絡先

0767-53-0834

わくら朝市の情報をもっと詳しく見る

わくら朝市近くのおすすめ観光スポット

和倉温泉総湯

和倉温泉総湯は全国有数の高級温泉街として知られる和倉温泉にある入浴施設で、和倉町民で組織される和倉温泉合資会社が運営しています。

■移動時間:わくら朝市から徒歩で約1分

■所在地:石川県七尾市

和倉温泉お祭り会館

和倉温泉お祭り会館は七尾市を代表する祭り「青柏祭」の曳山行事がユネスコ無形文化遺産に登録されたことをキッカケに2020年にオープンした、能登島向田の火祭・石崎奉燈祭・お熊甲祭など七尾市の祭り文化を一堂に展示・体験することができる施設です。

■移動時間:わくら朝市から徒歩で約6分

■所在地:石川県七尾市

金沢湯涌江戸村の基本情報

画像提供:金沢市

名称

金沢湯涌江戸村

概要

金沢湯涌江戸村は「金沢の奥座敷」と呼ばれる湯涌温泉街に位置する、金沢市立の歴史博物館で江戸時代の町屋・武家・農家の建造物を数多く移築保存しています。徳川幕府のもと250年以上続いた平和な時代は世界史的に見ても貴重な時代で、各藩それぞれ独自の地方文化の黄金時代が築かれました。日本最大の藩であった加賀藩においても、商工業が発展し庶民文化が花開いた時代となり、それらの歴史的文化財として民家の保存が行われており身近に接することができます。

住所

石川県金沢市湯涌荒屋町35番地1 GoogleMap

料金

入園料/一般:310円、65歳以上:210円(国民の祝日無料)、高校生以下:無料

営業時間

9:00~17:30(最終入園17:00)

定休日

火曜日・年末年始(12/29~1/3)(火曜が祝祭日の場合、翌平日)

連絡先

076-235-1267

関連リンク

金沢湯涌江戸村から行く、おすすめの朝市・市場・直売所

画像提供:金沢市

湯涌朝市

湯涌朝市は「金沢の奥座敷」と呼ばれる湯涌温泉近くにある湯涌みどりの里で、4月~12月の毎週日曜日に開かれている朝市です。(さらに…)

■移動時間:金沢湯涌江戸村から徒歩で約2分

■所在地:石川県金沢市

  • 朝市
  • 日曜日
  • 野菜
  • 果物

近江町市場

近江町市場は加賀百万石の城下町として栄えた金沢の台所と呼ばれる活気のある市場で、約170の活魚店・青果店・飲食店などが軒を並べます。(さらに…)

■移動時間:金沢湯涌江戸村からバスで約50分

■所在地:石川県金沢市

  • 市場
  • 平日
  • 土曜日
  • 日曜日
  • 魚介類
  • 野菜
  • 果物
  • 土産品
  • 海鮮丼
  • 海鮮焼き
  • 寿司
  • イートイン

タイトルとURLをコピーしました